ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090912_140711_ed.jpg

ここ数日は右手指先の様子をみながら、引き続き早いテンポで弾く練習を繰り返しています。
右手指先もまだ痛みは残っていますが、様子を見ながら進めた事で順調に回復はしてきているようですね。



オルタネイトピッキング中心でひたすら繰り返し弾いてみているのですが、こういったひたすら繰り返す練習ってなんだか好きなんですよね。

1年位前と比較すると、オルタネイトでもかなり早い動きが出来るようになってきているの感じられるのは嬉しい反面、ライブやセッションで目にする他のベーシストさん達と比較すると、まったくもって未だに指が動かないというのがもどかしいです。

こうした気持ちがひたすら繰り返す練習へのモチベーションになっているんだと思います。





ところで、早いフレーズが続く中でオルタネイトピッキングを多用していると、上手く弾ける時と弾けない時が出てきます。
指先の疲れなどを抜きにして、弾けたり弾けなかったりがあるんです。

その一番の要因になっているのが、フレーズの頭を人差し指から弾き始めるか、中指から弾き始めるかといった事のようです。



オルタネイトピッキングの練習を始めたばかりの頃、なんとなく中指からが弾きやすいかなぁと感じてました。
そのため、オルタネイトでのピッキング練習を行う際は、いつも中指からで練習をしていたんです。

その結果、今でも中指からフレーズを弾き始めると弾きやすく感じるのですが、人差し指から始めてしまうとなんだかぎこちなくなってしまうんですよね。



立て続けにオルタネイトで弾くようなフレーズが出てくるラインだと、いちいちどちらの指から弾き始めるかといった事を考える余裕もなければ、考える事自体面倒です。
というわけで、どちらの指から弾くかといった事はほとんど考えずに練習していました。

そんな中で、たまたま人差し指からスタートすると、上手く弾けずにひっかかってしまうといった事が頻繁におこります。



これって、サッカー選手の「右利きか左利きか」とか、水泳選手の「右オープンか左オープンか(呼吸で顔を上げる方向)」みたいなものなんですかね。
右も左も普段から使うけど、右と左で得意不得意があるといった感じでしょうか。

そうだとすると、「人差し指利きか中指利きか」って、なんとも言い難い表現ですね・・・





ただこれって、どちらもスムーズに弾けるようになっていないと、何かと不便が多そうです。
ある程度意識しながら、どちらの指でもスムーズに弾けるように修正していかなくてはいけなそうですね。
コメント
この記事へのコメント
んー、いわゆる右利き左利きとは趣を異にする問題だと思います。
たとえば、同じ弦を二度弾く場合、中指⇒人指し指だと弾きやすいですが、逆は難しいです。A線でCを、オクターブ上のCをG線で弾くような場合も同様です。これは、ほぼ万人に共通する意見だと思います。
利き手の問題ではなく、楽器の構造及び奏法の特性から来る差異だと思われます。
家主様が不都合を感じたのも、上記のような箇所だと思うのですが、どうでしょうか?

なるべく楽なフィンガリングを目指すと、完全なオルタネイトではなくなります。普通は、ダブルピッキングやレイキングを多用して、弾きにくい指遣いを避けるようにします。

そうすると、人指し指と中指の出てくる順序自体は無茶苦茶になりますが、総合的には速く弾けるようになります。

僕はこの類の難しい指遣いを練習するときには、全ての音に、人指し指と中指のどちらを使うかを書き込んでます。

だから…「ある程度意識する」だとおそらく足りないです。どの音をどの指で弾いてるか、完全に把握できるところまでテンポを落として、確実に練習するのが早道かと思います。
2009/09/12(土) 22:05:27 | URL | まつ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/903-3c962384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。