ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090915_120828_ed.jpg

早いフレーズの練習をする時などには、意識的にビタミンB12を摂取するようにしてみています。
(神経系統の発達に効くかも?!)
とはいっても、僕が摂取しているのは医薬品扱いのタイプと違って、健康食品カテゴリーの商品なのでB12の含有量はほんのわずかしかありません。

この程度で実際効果があるかどうかはわかりませんが、なんだか効きそうな気はしますもんね。



だけどこういった事って、摂取した場合としなかった場合で明確に比較をする事が出来ないので難しいですよね。
練習メニューなどもそうですが、効果の違いがどの程度あるのかって、実際には比較する事が出来ない場合がほとんどです。

つい先日TVで、一般的に言われている「白髪を抜くと白髪が増える」といった事について、医学的な根拠などはなく、間違いである(白髪を抜いても白髪は増えない)といった内容の放送がなされていました。
これを見ながら、↑に書いたような事が頭に浮かんでました。





ところで最近は、ひたすら早いフレーズの練習(オルタネイトで弾きまくる)を続けていました。
集中的に練習していたおかげか、この1週間程の期間だけでも結構進歩を感じています。

具体的なメニューとしては、Confirmationのメロディの弾けるところまでを、テンポ140で20分?30分ひたすらノンストップで繰り返し弾き続けるといったような事を行ってました。



こうした繰り返し練習を行っていると、スタートから2?3分したあたりから、最初の10分間位までが一番調子良く弾けます。
その後は少しづつ間違えたりひっかかったりする箇所が増えてきて、20分を過ぎた頃からは指が動かずにボロボロになってきます。

こうしてボロボロになってくると、その日の練習ではなかなか回復しません。
10分や20分程度ゆっくりなラインを弾いてみたり、休憩をはさんでみたりした程度では、最初の10分間の動きに戻す事が出来なくなります。



↑の感覚を感じながら思ったんですけど、ライブとかでメチャメチャ早いテンポの曲が続いたりしたら、その後って大変そうですね。

もちろん、上級者で常にある程度の余裕を持って演奏している方であれば問題無いのだろうと思います。
だけどそうでない人が、オルタネイトでちょっと無理し続けるするような演奏が続いたりしたら、その後のベースソロなどで早いフレーズを組み込んだ際に、普段の感覚よりも指が動かないといったような事態が起こったりしそうだなぁといった事を思いました。





こうして早く弾く練習って、純粋に早く弾けるようになるといった事の他にも、脱力を覚える等の効果がありそうです。
ゆっくりフォームを確認しながらといった練習と合わせて、バランス良く今後も積極的に取り入れていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/906-e429acf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。