ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090920_165419_ed.jpg

ここ最近はスケール練習をサボりがちだったのですが、昨日は久しぶりに40分程真面目に取り組んでみました。
本当は毎日ちょっとづつといった感じの方が良いんでしょうけどね。
(1ヶ月位サボっていたと思います・・・)

内容は、アルコでチューナーとニラメッコしながら、左手のフォームのチェックを兼ねて、ひたすらロングトーンです。



チューナーとニラメッコしながらなので、微妙なズレも目で見えるわけですが、改めてポジションの細かさというか、正確なポジション取りの難しさを感じますね。
特に、指板の下の方については、一発でピッタリ音を合わせるというのが今更ながら至難の業に思えます。





ところで、左手のポジション移動をする際に、頭の中で基準にしている(というか、なってしまっている)ようなポジションがあります。

例えば、G線のDやD線のAの音を鳴らす場合、人差し指で押さえる場合には直接そのポジションをイメージしています。
ところが、この音を小指で押さえて鳴らす場合には、G線のCやD線のGに人差し指を合わせる感覚になってるんです。



♯や♭がついた時などは尚更で、

G線のC♯を中指で押さえる際は、G線のCに人差し指を、
G線のC♯を人差し指で押さえる際は、G線のDに中指を合わせるようなイメージです。
(実際には中指は浮かせているんですが・・・)



こうした頭の中での変換作業が必要になってしまっていることで、素早くこれらのポジションを押さえる事が難しくなっているみたいなんです。
素早いポジション移動が必要な際など、頭の中が一瞬ゴチャゴチャになる事がよくあるんですよね。



ハーフポジションやファーストポジションなどであれば、こうした頭の中でのポジションの変換作業などは必要なく、自然に直接それらのポジションを押さえる事が出来ます。
指板全部の音を、こうして直接押さえる事が出来るようになるべきなんでしょうね。





以前の日記に書いた、オルタネイトピッキングの際に、中指スタートでないとぎこちなくなる(同一弦上のフレーズでも、人差し指からスタートするとぎこちなくなってしまう)といった症状などもそうですが、こういったぎこちなさというか不自由さといった事を少しづつ無くしていきたいですね。





ひたすら訓練と慣れなんでしょうね・・・
頑張らなくては・・・
コメント
この記事へのコメント
ポジション感覚の習得には、今更ながらシマンドルなどのクラシックのメソッドが結局は早道。
(要、指導者。)
定番の『シマンドル』はコントラバスのバイエルとも言われ古くから使われています。
しかしながら、問題点も数多く指摘されていますが・・・
シマンドルの解説テキスト『檜山ノート』(元NHK交響楽団の檜山教授の私的指導テキストを公開、出版)との併用をオススメ。
ネックポジションの要。第四ポジションが意外や一番習得し易いので、
コレを手掛かりに上下にポジションを拡大するメソッドも広がりつつあります。
(一般に最初期に習得する最低音域のハーフポジションは実は、習得が難しいポジションの一つ。)
2009/09/21(月) 11:36:36 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
第四ポジションがネックの仕込みになるのが現在は標準的。
=イー・メンズ・アー(Eメンズa)と云う。
正しい構えで親指がネックエンドに触れた際に、小指(a)がE音になるポジション(=第四ポジション)
コレに成らない仕込みが深い、エス・メンズ・アー(Esメンズa/EsはE♭のドイツ式呼び方)や更に深いモノ、反対に浅いモノもあります。
2009/09/21(月) 11:50:43 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/909-942fc074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。