ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真左端のスピーカーが近すぎました・・・

この2日間、とにかく練習出来ていません。

24日が0分・・・
15日は20分です・・・

連休明けで、多少仕事もバタつくかなぁとは思っていたのですが、思っていた以上に忙しくなってしまってました。
連休中に溜まった処理をこなすのと同時に、小さなトラブルが重なったり、新しいお話をいただいたり等々、なんだか久しぶりに仕事に埋もれてしまっておりました。
というわけで、BLOGの更新も連休となってしまいました。

連休って嬉しいんですけど、その間に仕事が溜まっていくのって無しにしてほしいですよね。
(そんなの無理なんですけど・・・)

週明けにも少々処理を残してはいますが、ようやく落ち着いてはきたので、今日から練習も再開です。





↑随分と忙しかった風な書き方をしてみましたが、そんな状況にありながら24日は仕事を抜けてライブにも足を運んでしまいました。
(「ちっとも忙しくないっ!」といった感じですが・・・)


Swing赤坂2009 片倉真由子トリオwith安富祖貴子、市原ひかり⇒


たまたまチケットを入手してしまっていたため、せっかくなので出かけてきちゃいました。
19時00分?20時30分までの短かめの構成で、ライブというよりはホールでのコンサートといった感じでした。



開演2?3分前にかけこみで入場したのですが、指定席だったことで、前から3列目で観戦(鑑賞?)する事が出来ました。
ただ、この席、演奏している人を近くで見れるのは良かったのですが、スピーカーからも近かったせいか、ベースの低音部分は音が割れる感じで音程がわからないような状態でした。



とはいえ、ライブ自体は充分楽しませていただきました。
音楽的な事(??)はよくわかりませんが、なんだか好きな音が鳴っていたのは間違いないです。
(未だこんな感想ですみません・・・)



ウッドベースを弾いていた佐藤”ハチ”恭彦さんは、なんとなくしかめっ面で演奏していたメンバーの中にあって、一番ニコニコしながら演奏を楽しんでいる感じが素敵でした。
演奏は、伴奏部分は結構シンプルに刻んでくれながら、ソロになると太くて鋭い音がビンビン鳴っていました。
またじっくりと何処かで見てみたいなあと思いながら聴かせていただきました。

それとこの方、とにかく左手が綺麗なんですよね。
教科書の写真のように綺麗に中指と薬指がくっついていて、少々早いフレーズでも、ほとんどそのままの指の形で演奏されていました。
プロフィールを見ると大学からウッドベースを始めたとありますが、大学からでもあんなに綺麗な指使いになるもんなんですね。

翌日ウッドベースをちょっと弾いてみた際に、改めて自分の左手を見て見ましたが、あまりの違いになんだか悲しくなりました。





ところでこのライブ、実は一番気になってしまったのはドラマーさんでした。

山内陽一朗さんというドラマーさんだったのですが、この人がとにかく取引先の担当者の方に、あまりにもクリソツ(古い?!)なんです。
しかもその担当者さんとは、ライブ直前の18時30分過ぎまで打ち合わせをしてました。

元々の顔が似ている上に、ドラムソロなどの時に見せるちょっと困った風な表情がまたそっくりなんですよね。
というわけで、山内さんが視界に入る度に、ついさっきまで打ち合わせをしていた担当者さんが頭に浮かんでしまってました。

それにしても、世の中に似ている人っているもんですね・・・





結局この日は、20時35分頃にライブが終了して、その後はまた残った仕事を片付けていたのですが、やっぱりライブはお酒を飲みながらのんびり観戦したいですね・・・

今はまだ真昼間ですが、「生JAZZ」+「ビールorウイスキー」に惹かれています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/912-ab8c7abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。