ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習はじめてます!こっちはなんとか、だけどFOURはかなり辛いです・・・

まず最初にお詫びなのですが、いつもながらコメントのお返事が全く出来ておらず申し訳ありません。
時間を作って、まとめてお返事を書こうと思いつつ時間が過ぎてしまった結果、完全に放置の状態が続いてしまっているといった状況です。

いただいているコメントにつきましては、本当にいつもありがたく思っております。
こうしていただいたコメントに対して、失礼とは思いつつ一切ご対応出来ていないこの状況、本当に申し訳ありません。

今後どうすべきかについてはあらためて考えてみようと思います。





夏場と比べるとまだまだ少ないですが、それでも先月の惨状と比べると、確実に練習時間が増えてきました。
とはいえ現在は、苦痛を伴う地道な基礎練習などを行う精神的なスタミナが切れてしまっているようです。
そこで、やりたい練習だけをその日の気分で行っているといった状況です。



最近の日記にも書いていましたが、ここ最近はメロディを弾いてからベースラインを弾くといった練習が中心になっています。

メロディは青本に掲載されている楽譜を見て弾いています。
余計な音を完全に削ぎ落とした本当にシンプルな楽譜なので、特別難しい曲でなければ結構メロディを弾けるようになります。
(Confirmationは大苦戦しましたが・・・)



ただし、本当にシンプルな音使いなので、シンプルな曲であればある程、何かしら音を足したくなってくるんですよね。
こうした際、コードトーンを元に、伸ばす音の隙間などに適当に音をはさんでみると結構気持ちよくはまったりします。

また、これはジャズの場合のお約束のようですが、8分音符は跳ねずに表記されているので、これをどう弾くかといった事もあれこれ試してます。
♪♪♪♪をタタタタではなくタッカタッカのような変化ですね。



こうして、「出したい音」というのが自分の中に明確に出てきているといった事が大きな変化ですね。
相変わらず出口が見えないベースソロなども、こうした「出したい音」の延長線上にあるのではないかといった気がします。





ようやく浮かび始めた「出したい音」を今は積極的に出してみながら、1段上のステージに上るステップを探ってみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/952-6d9625c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。