ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100201_143304_ed.jpg

年末年始を挟んで練習量が低下していたのですが、その割には指先が元気なようです。
昨日は1時間程休み無しで弾き続けたりしたのですが、指先は特に問題ありませんでした。

やっぱり冬場は空気が乾燥しているせいか、夏場と比べて指先の耐久度が増しますね。
適度に柔らかい状態でマメも出来ないこの状態は、かなりコンディション良好といった感じです。





この2?3週間ほどの間、メトロノームで練習する際のテンポをほとんど150に固定してしまっていました。
(2拍4拍で鳴らしていたので、設定は75)
意識して固定していた訳ではなく、なんとなくメトロノームの設定をほったらかしていた結果です。

昨日は、いろいろな曲に合わせて120から190の間でテンポを変えながら練習していました。
すると、テンポを上げた時にリズムがなかなか合いませんでした。



150前後だともちろん問題ありません。
ところが180とか190位になると、完全に遅れてしまうんです。

別に、早すぎて指が動かないとかでは無いんです。
頭の中の「こんな感じ・・・」のイメージが、実際のテンポよりもだんだん遅れてきてしまうといった感じです。



この2?3週間、無意識のままテンポ150だけを弾き続けていました。
こうして連日繰り返されると、知らず知らずのうちに体にテンポ150が染み込んでいくみたいです。

これって、良く無いですね・・・
明らかに悪影響が出ているようです。





というわけで、テンポは意識していろいろと変化させなくてはと思いました。
(メトロノームの設定をほったらかしにしていた僕の怠慢なんですけどね・・・)
コメント
この記事へのコメント
所謂、『得意のテンポ』ですね。
意識的にメトロノームのテンポを少しずつ変えて練習するのも大事です。
バンドで演奏する際も、得意なテンポからちょっとハズレたところで始まったハズなのに何となく得意なテンポに成ってしまうことは往々にしてありがちです。

あと、早いテンポの場合は、ノリをイン2のビートや、更に新幹線~リニア新幹線並み?の高速に成ってくると、
一小節をワンビート~二小節ワンビート的に大きくノルのも大事。
(もっと大きくユッタリと四小節~八小節でノルのも・・・)
*|1234|1234|(必ず乗り遅れ症候群や縦ノリ症候群が発症します)ではなくて
*|1an2an|3an4an|てな感じで・・・






2010/02/01(月) 18:06:52 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
メトロノームをいじるのをサボっていただけという、まさに怠慢が理由でした。
だけど、ここまで他のテンポに対応できなくなる/固定したテンポが体に染み付くとは思っていませんでした。
人間の感覚って凄いですね。
なんだか妙な感心をしてしまいました。
2010/03/25(木) 18:27:56 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/979-aba3fc80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。