ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100220_180730_ed.jpg

秋葉原のかなりはずれの方を歩いていたところ、ビルの谷間にひょっこりと中古オーディオ屋さんがありました。
移動にも少し時間があったので入ってみたのですが、やっぱりオーディオ関連って音を聴いちゃうと欲しくなっちゃいますね。

なんだか巨大なスピーカーやアンプが結構な数置いてありました。
もちろんデモで音も流しているんですが、自宅の音と比べちゃうと流石に良い音がなってるんです。

だけど楽器もオーディオも、上を見るとキリが無さそうです・・・





昨日の日記で、セッションに長いこと参加していないといった事を書きましたが、練習内容も最近はちょっと問題ありです。

メトロノームを鳴らしながら、ジャズスタンダード曲のメロディとベースラインを弾くといった練習が中心(というかほとんど)で、時々CDやyoutubeの音源に合わせて弾いてみるといった感じです。

以前のように、スケール練習やソルフェージュといった基礎練習はほとんど行えておりません。
曲を弾く前に、その曲のキーのドレミファソラシドを数回弾いてみる程度です。

更には理論の勉強もかれこれ数ヶ月進めていません。



だらだらと弾くだけの練習も、それはそれでアリだと思ってはいます。
だけど、そればかりが長く続いてしまうのはやっぱり良くないですよね。



基礎練習を取り入れる事によって、これまでは明確に何かが変わるといった実感はあまりありませんでした。
(ソルフェージュは大きな効果を感じましたが・・・)

だけど、スケール練習やアルコの練習って、皆さん揃って効果があると仰るので、やっぱりそれなりに効果があるんだと思うんですよね。





というわけで、本日は久しぶりにアルコでスケール練習を行ってみました。
こういうのって継続しなくては意味が無いのかもしれませんが、まずは思い立った時だけでも実践しなくては始まりませんもんね。



長い事アルコもサボっていたせいか、左手が妙に辛いです…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/987-b46ae80b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。