ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100304_204424_ed.jpg

昨日も僕らの音楽を見てました。
昨日は過去の映像を流す企画です。
その中にMONGOL800があったのですが、それを見ていたmichiさんが、「やっぱり沖縄っぽい歌い方が入るね」といった事を言ってました。

なるほど・・・
たしかに考えた事が無かったのですが、BEGINとか夏川りみなどで聴いたような、独特の歌いまわしというか、発声のようなものがありますね。



そこでmichiさんが、「こんな感じだよね」と言いながら、沖縄風アレンジで歌ってみせてくれました。

何をどうしたら「沖縄風」になるのかが僕にはわかりません。
だけどmichiさんは、確実に僕のイメージにもある「沖縄風」の音で歌ってくれています。
(はたして本当にそれが「沖縄」で間違い無いかどうかはわかりませんが、少なくとも僕のイメージする「沖縄風」の歌でした)



いったい何をどうしたら、こうして見事に「沖縄風」へと簡単にアレンジ出来てしまうですかね・・・
具体的に「こうすれば」といった論理的な施策を心得ているんでしょうか?
それとも、感覚として「こんな感じ」を体現出来てしまっているんでしょうか??

いずれにしても、こうして簡単に「沖縄風」アレンジをやってのけるmichiさんがあらためて凄いと思います。



ちなみに、michiさんに限らず音楽の人ってこういうの出来る人多いですよね。
ロックな感じとか、レゲエっぽくとか、その場で弾き分けてしまえるのってかっこいいです。
そういった意味では、ジャズのセッションの現場でも「ボサノバで」とか、「アフロで」等々やってますもんね。

ああした弾き分けを、僕も出来るようになりたいです・・・





せっかくなので、昨日の僕らの音楽ネタをもう1つ・・・

昨日はチャットモンチーの映像も流れてました。
演奏していたのはシャングリラだったのですが、あの曲ってサビに入る直前の1小節だけ3拍子になりますよね。
この感じが妙に曲に合ってるというか、凄く素敵なアクセントになってると思うんです。



こうした曲作りの発想って、いったいどこから出てくるんでしょう・・・?
少なくとも、僕がメロディを考えろといわれた際などでは、絶対に出てこなそうです。

料理のスパイスのように、あらかじめ「これを使うとこんな雰囲気」みたいな引き出しとして、作曲やアレンジの人が持ち合わせているんでしょうか。
それとも、鼻歌などで曲を作っている時に、自然とこうした構成が浮かんでくるんでしょうか??



1?2小節だけ拍子を変化させている曲って、ビートルズでも結構出てきてました。
音楽をなんとなく聴き流していた頃には全く気付きませんでしたが、ある意味常套手段なんですかね・・・





最初に書いた○○風アレンジなどもそうですが、こうした音やリズムのコントロールを自在に出来るようになったら本当に楽しそうです。
しかし、そんな事が出来るようになるのって、いったいいつになるんですかね・・・

来世よりは前には実現したいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/999-5e2094e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。