ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0613.jpg

猛烈に更新をサボってしまいました。
申し訳ありません。



何はともあれ、この期間のご報告です。



何故更新が滞っていたかというと・・・
練習していませんでした。。。





かれこれ、昨年の12月の中旬位から、先月2月の終盤までの間、ほぼ全く練習していませんでした。
部屋がゴチャゴチャになっていた事もあって、楽器に触る事すら億劫になってしまっていたんです。



ご報告はいろいろありますが、取り急ぎ本日は大まかな状況をご説明させていただきます。
状況を簡潔にまとめると、以下のような感じです。



部屋をBARに改造開始(?!)

部屋がちらかり、足の踏み場すら無くなる

ウッドベースを取り出して触る事すら億劫になる

練習をサボる

ブログの更新をサボる



これまで、意味なく部屋の写真などをブログに貼り付けていましたが、その写真を見て違和感を感じる方もいらしたのではないでしょうか。

僕が今住んでいる部屋は、もともとカラオケスナックだった建物(2F建て/各階1部屋)です。
8年程前に、その建物をスケルトンの状態で借りて生活を始めました。

当時、僕は一人暮らしながらドーベルマンを飼っていました。
そのため、土足のまま生活出来る土間の空間が欲しかったんです。
そんな当時の僕のニーズにぴったり合っていたのが今の建物です。

10年間一緒に暮らしたドーベルマンは、4年ほど前に亡くなってしまいました。
その後もそのまま今の建物で生活していたのですが、せっかくお店の造りであるのであれば、だた生活をしているのももったいないかなと思ったんです。
そこで、週末の夜だけでもBARにしてみちゃおうかと思ったんです。

まあ、飲むのは結構好きですからね・・・



もともとがカラオケスナックだった事もありますし、その気になればオープン自体は簡単だろうと簡単に考えていたんですよね。
ところが、保健所の飲食店営業許可を取るにあたって、とにかく立ち塞がるハードルが次々と現れました。
それらに行き当たりばったりで対処した結果、とにかく部屋がグッチャグチャになっちゃったんです。

今までの人生で飲食店のオープンなんて考えた事も無かったんですけど、いざ始めようとなると、いろいろと知らないルールがあるもんですね・・・

文字通りの足の踏み場も無い状態となってしまった結果、ウッドベースを弾くスペースを確保する事すら億劫になり、そのまま練習はサボってしまったというのが今回の状況でした。
更新をサボり続けている間に、お気遣いいただくコメントまでいただいたりしてまして、本当にすみませんというかありがとうございました。



先月末になりようやく部屋も片付いてきました。
今月に入ってから練習を再開しましたので、少しづつこのブログも更新を再開していきたいと思います。
いろいろ書いてみたいと思っている事もありますので、何回かに分けてご報告させていただきます。

ちなみにBARのオープンはとなりますと、本当に適当なんですけど来週末にはなんとかなりますかね・・・
(空き時間に適当に進めているので、なんだかスケジュールも伸び伸びです・・・)





久しぶりにウッドベースを弾いてみたところ、しっかりと右手にもマメが出来ちゃいました。
だけど、このマメの感じはやっぱりいいですね。



というわけで、あらためまして今後もよろしくお願いします。
DSC_0567.jpg

いよいよ寒くなってきて空気が乾燥しているせいか、指先の爪の脇あたりがガサガサとささくれてくるようになりました。
というわけで、演奏中の潤滑剤として購入したニベアが商品本来の役割として活用されはじめました。

ただ、ハンドクリームの類って、手に塗った後にヌルヌルベタベタするのが嫌いなんですよね。
なんだかフライドチキンを食べた後に手を洗っていないような感覚になりませんか??

ニベアだと潤滑剤として使っているくらいなので、やっぱりかなりヌルヌルしてしまいます。
というわけで、手荒れ専用に何かスベスベのまま使えるようなのを買ってこようと思ってます。

しかし、何が良いんでしょうね・・・
店頭のテスター(試供品??)で、おじさん一人いろいろ試してみるのって、なんだか恥ずかしいです・・・





2~3日前から、どうも調子が悪いんです。
調子が悪いとはいっても、僕の身体ではなくウッドベースの方です。

弦を弾くと、ヴァ~~ンといった感じで物凄くビビッた音が鳴ってます。
弦が指板と当たってビビッた音になるのではなく、ボディ部分から聴こえてくるような気がします。
あっちこっち耳を当てて聴いてみるんですけど、結局何処が鳴っているのかを判別するのって難しいですね。

パッと見では板の剥がれなどは特に無さそうです。
F字孔(字はこれであってましたよね?!)のから魂柱をつついてみても、特にぐらついたり動いたりうるような事はなく、かなりがっしり立っているようです。

その他、エンドピンを目一杯下げてみても改善無し、肩部分のアタッチメントを取り外しても変化無し・・・

いったいどうしちゃいましたかね・・・??



というわけで、いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたが、急遽メンテナンスのために入院させようと思ってます。
年内には帰ってきて欲しいので急がなくてはなりませんね。

本日中にと思っていたんですけど、ちょっと時間が無さそうなので明日にでも持ち込んでくる予定です。



こうした不具合が発生した時に、もうちょっと自分にも知識があれば対処出来る事などがあるのかもしれないですけどね。
良い機会なので、楽器の調整と合わせて自分自身でも何がどう悪かった等いろいろと知識を吸収してきたいと思います。



年末であまり込んでないといいけどなぁ・・・
DSC_0565.jpg

先週、追加のバーチェアが届きました。
↑写真の左側が前回の日記で書いた椅子で、右側が今回届いた椅子です。
(これも楽器用に入手したわけではないんですけどね・・・)

今回の椅子は高さ調節が出来て、MAXまで高さを上げると前回の椅子よりも大幅に座面が高くなります。
しかしながら座るとクッション機能で座面が少し下がるので、実質的な座面の高さは、前回の椅子よりも6~7cmしか高くなっていないようです。
写真左の前回の椅子の座面が72~74cm程度なので、今回の椅子の座面は実質的に80cm程度といったあたりでしょうか。
(参考までに僕の身長は177cmです。)



で、感想なんですけど、
やっぱりしっくりこないです・・・



まず、今回の椅子の大きな弱点は、回転してしまう事です。
支柱部分に足を乗せるバーがついているのですが、このバーごと座面が回転しまうので、ウッドベースをかまえた時に体が横に回るというか動いてしまいます。

適当に微調整するとそれなりに安定させる事も出来るんですけど、ちょっとバランスを変えたり、ウッドベースを構える角度と変えたりすると、やはりすぐに椅子が回ってしまいます。
落ち着いて弾くには、これはちょっと厳しい問題ですね。



また、座面の高さに関しても、やはりもうちょっと高い方が良さそうです。
まあ高さの問題に関しては、エンドピンを少し下げれば良いんでしょうけど、立ってる時と座ってる時で毎回エンドピンの高さを変えるのは億劫になりそうです。
(いや、間違いなく面倒臭いです)



もう1つ更に気になったのは、体の中心軸に対しての楽器の位置が、どうしても立って演奏している時と微妙にずれてるんです。
座って演奏する場合には足の間に楽器が入ってくるため、楽器を置ける位置がどうしても限られちゃいます。
そのため、立っている時に楽器を置いている位置と同じ位置に同じバランスで構える事は難しそうです。





やっぱり、立って演奏するのと座って演奏するのって、なかなか同じにはならないもんですね。
となると、左手のポジション感覚が狂ってきそうなのが気になります。

また、右手の弦を振り抜く感覚も、なんだか重心が変わってしまって微妙に弾きにくいのがちょっと気になります。



ただ、今回の椅子のように背もたれ付きだとかなり楽なんですよね。
そのため体が疲れてる時とか、テレビで流れている音になんとなく合わせてみる時なんかに使ってみる感じになりそうですね。



前回も書きましたが、ギターさんがソファーに深く座って音を出してるのとか羨ましいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。