ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20081001141109.jpg

お役立ち度?★★★★★

市ヶ谷低音ゼミナール⇒

先日ohji様よりご紹介いただいたテキストを購入しました。
アマゾンのレビューにあった、↓のコメントに心を射抜かれてしまったんですよね。



「鍵盤片手に音楽理論を勉強するぞ!!と意気込む方には向いていないかもしれませんが、ある程度指は動くけど、オリジナル曲ではルートと5度とオクターブばっかりでなんとなくお茶を濁しているような方にはうってつけです。」



先日購入したハーモニック・セオリー・ワークブックが思いのほか難解(?)だった事もあり、理論を勉強する入り口的な紹介をされているこのテキストにすがってみたくなりました。

この本の最初のテーマは「階名と音名」。
その次のテーマが「調って何?」です。

どちらもWAKUWAKU調のドリルで繰り返し勉強した内容ですからね。
(WAKUWAKU調のドリルは本当に役に立ってます・・・)

「知ってる知ってる?♪♪」

といった感じで、スラスラと進めると思ったんですよね。
ところが、思わぬ敵が待ち構えていました。



この「思わぬ敵」というのは、最初のテーマからいきなり登場してきたTAB譜です。
僕は今まで、このTAB譜なる物を使った事がありません。
今まで僕が見かけたTAB譜は、5線譜も一緒に書かれていたと思います。
そうすると、5線譜しか見てなかったんですよね。

2年近く前に一度だけ、TAB譜が何かを教えてもらった事があります。
その時に見方を教わっただけで、結局そのまま使う機会など無かったんです。

ところがこのテキスト、5線譜ではなくTAB譜メインで解説がなされているんですよね。



約2年ぶりに現れたこのTAB譜、最初は見方すら忘れていました。
ちなみに最初は、書いてある数字を指番号のつもりで読んでしまいました。
(「6」が出てきた時の動揺を、皆さんにもお伝えしたい位です・・・)

それでもなんとか思い出して、かろうじて音を読み取れるようにはなりましたが、なんといっても慣れてないので、めちゃめちゃ音が解りにくいです。



G線のレとかミとかソと言われたらすぐに反応してポジションを押さえる事が出来ます。
(多少音をはずすのはご容赦ください・・・)
DとかEとかGと言われても、もちろん反応出来ます。

しかし、TAB譜に7とか9とか書かれても、1から順番に音を確認しなくては、さっぱり何の音だかわからないんですよね。





早めに慣れておいた方が良いでしょうから、この機会に慣れてしまおうと思います。
(運指の道標になりますもんね。)
本の内容も、TAB譜さえクリアすれば、結構理解出来ると思うんですよね。



地道に進めて、なんとしても苦手な理論の勉強の足がかりにしたいですね。
ohji様、どうもありがとうございました。
20080829085738.jpg
お役立ち度?★★

ハーモニック・セオリー・ワークブック⇒

昨日仕事で渋谷に出かけたので、帰りがけに道玄坂のヤマハ楽器さんへ立ち寄ってきました。
そこで購入したのがこの本です。

今年6月に購入したWAKUWAKU調の勉強ドリルを終わらせてからは、理論の勉強を進めていなかったんです。
そこで、次のステップのテキストで手ごろな物を探していたんですよね。

先日の日記にもかきましたが、探していたテキストの条件は↓のとおりです。



超初心者向けで簡単
解説だけでなく問題がついている
あまり分厚くない(?!)



上記の3つの条件を、かなりいい感じで満たしていると思われたのが今回購入したハーモニック・セオリー・ワークブックです。
「はじめに」に記載されていた、以下の記述にも魅力を感じたんですよね。

「一般の読者が独学で使用し、先生の助けをかりなくても理解できることを目指しています。」

大学のジャズサークルなどの団体に所属している人であれば、解らない言葉や説明が出てきても、すぐに身近な人に相談できるのがいいですよね。
僕の今の環境だとなかなかそうもいかないので、覚えていることなどが多少重複しても、不明点などにぶつからずにスムーズに進んでいけるテキストがありがたいです。



この本の構成は、ざっと以下のとおりです。

簡単な楽典にあたる内容

コードと構成音

スケール

まだ細かく読み進めたわけではないので、本当に大雑把ではありますが、こんな感じで大きく違ってはいないと思います。

ちょっと表現が堅苦しいのが気になります(小学生テキストに慣れすぎた?!)が、それでも今の僕が進めるステップとしてはなかなか良いレベルではないかと思います。



苦手で嫌いな理論の勉強ではありますが、地道にちょっとづつ進んでいきたいと思います。
20080610235524.jpg

お役立ち度?★★★★★

WAKUWAKU 調の勉強ドリル 1日1枚ハギトリ式⇒

先日渋谷のヤマハ楽器さんへ出かけた際、ジャズの理論書を購入しようとしていました。
解説だけでは覚えないので、問題も一緒についているタイプの、出来るだけ初心者向けと思われるテキストを手に取ってレジに向かったのですが、レジ正面にある小学生向けのテキスト売り場にひっかかってしまったんですよね。
それとなく、いくつかのテキストをめくってみたのですが、その中で心打たれてしまったのがこのテキストです。

対象年齢というのは特に記載されていませんが、表示と目次以外の漢字には、すべてフリガナがふってあります。
明らかに小学生や幼児向けのテキストだと思われますが、ちょっと中を見てみただけで、目からうろこといった情報がかなり載っているんですよね。

最初に手にしたテキストは難しそうだったので、まずはこれでもうちょっと基本を覚えてから理論書に進むことにしてみました。
大人向けにも、もっともっと基本から易しく解説してある本があれば良いのにと思っているのは僕だけなんですかね・・・

ともかく今の僕は、まったくもって初心者なので、このレベルから地道に進めていきたいと思います。



ちなみにこのテキスト、最初は♯を声に出しながら順番に書く練習です。
流石に書く練習は良いかと思って飛ばそうかと思ったのですが、よくよく見ると、五線譜に表示される順番を覚えさせる意味もあるようです。

ファ ド ソ レ ラ ミ シ・・・

この順番さえ覚えていなかった僕は、やはり飛ばさずに最初から進める事にしました。



落ち着いて、基本第一を言い聞かせてます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。